スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柴楽の去勢手術報告

本日もこのブログに足をお運びくださった皆様!
いつもありがとうございます。

本日の柴楽の去勢手術は無事に終了いたしました。
まずは取り急ぎその旨をご報告させていただきます。
ご心配をおかけいたしました!


さて。ここからは本日の一連の流れを書いて行きたいと思います。
本日のブログはちょっと長いです。

以前去勢の手術が決まった際にもこのブログに書いたのですが
(その時のブログはこちら)
柴楽はたまたまちゃんが一つしか表に出ていない感じでした。
結果として、やはり女の子同様の開腹手術もするかたちとなりました。

午前9時過ぎに病院へ行って2種類の血液検査。
片方は小さな針での採血でしたが、
もう片方の血液検査は太い針でしか行えないということで
柴楽を3人で抑えての採血でした。
やはり針が太いと痛いのか、柴楽は「ううぅ~」と痛そうに声を出しましたが
暴れるようなことはありませんでした。

血液検査の結果が良好だったため、柴楽に「がんばってね!」と声をかけ
私と主人は柴楽を預けて病院を後にしました。


そして、18時。
再び病院へ行くと、柴楽と顔を合わせる前にまず手術の結果を説明されて、
次に実際に摘出した柴楽のたまたまちゃんを見させていただきました。
やはり、片方は奥の方に隠れていたとのことでしたが、
その隠れていたものと正常に表に出ていた方の違いに私も主人も驚きました。
正常だった方はとても綺麗な形でぷっくりしていたのですが、
隠れていた方は色もどす黒く形もいびつで小さめで、
お医者さんからはこういうものが後に癌などを発症するリスクがあると聞きました。

私も主人も、それを見た瞬間、やはりこれはとっておいて正解だったと思いました。

その後看護師さんに連れられてよたよたと歩いて柴楽がやってきたのですが、
とても痛そうな声をあげながら傷口をしきりになめようとします。
すぐに用意していたエリザベスカラーをとりつけて私が抱きかかえたのですが、
やはり、痛そうになくのです…。

昨日のブログに、「泣いても笑っても明日が本番」と書いたのですが、
私も主人も、この時点での柴楽を見て半泣き。
こんなに痛そうになくなんて…。
でも、お医者さんにいくらお願いしても、
鎮痛剤を処方してもらうことは出来ませんでした。

その病院やお医者さんによるのだとは思いますが、
「ぜひ鎮痛剤だけはもらっておこう」と主人と決めていただけに、
まさか頼んでももらえないとは思いませんでした。
この点は本当に残念でした。


帰宅してすぐ、柴楽をリビングのいつもの小さめケージに入れました。
柴楽は、まだ麻酔が効いているのか、とにかく目がとろ~んとしているのですが、
体勢を変えようと動くたびに痛みがあるらしく、声を出します。
そして、すぐには横にはなりませんでした。

↓おすわりの姿勢で痛みに耐えている様子の柴楽。


14020211.jpg



その後しばらく様子を見ていると、静か~にゆっくりと横になり、
リラックスした体勢をとることが出来た様子でした。

↓目がうつろで、いつものキラキラした瞳ではありません。


14020212.jpg



とりあえず眠りにつくことが出来たので一安心ですが、
夜中に何かあっても嫌なので、今夜は私が柴楽の近くで寝ることにしました。
また体勢を変えようとしたら痛みが出るのかな。
早く痛みから解放されたらいいのにな。
ああ、心配はつきません…。


お医者さんの話だと、明日の朝は様子を見てご飯をあげても大丈夫だし
外に連れ出すのもOKとのことだったので、
明日は明るくなったら少し柴楽を外に連れ出してトイレなどをさせてあげて、
その後ご飯も食べさせてあげたいなあと思います。



14020213.jpg
母ちゃん。自分も早くいつも通りの生活になりたいっす…


長いブログ、ここまでおつきあいいただきありがとうございました!
また明日経過を報告したいと思います!



痛みがないといいなぁなんて思ってましたが、
お腹開いてるんだもん、痛くないはずないですよね…。
そんな柴楽に「手術よくがんばった!」のぽちっとを
よろしくお願いいたします!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 犬ブログ 豆柴犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

Re: よかったよー

バヴ様

世の中には、体の一部がこんなに痛い時がある…
ということを、
今彼は思いしっている最中なんだよね。

うたれ弱い子だけど、何とか乗り切ってほしいわん。
遠くの地から、応援してあげてね。

Re: タイトルなし

レタス様

開腹は本当に痛そうです。
人間も出産が出来る女性の方が痛みに強いといいますが、
柴楽は痛みにめちゃくちゃ弱いようです…(∋_∈)
早くお腹の傷が無かったころの元気な柴楽に
戻ってくれることを祈っております。

マーキングもマウンティングも、出来ればどちらもしなくなるとありがたいですね。

Re: 初めまして

mamehana様

初めまして!
初コメント、ありがとうございます!

そうなんです。滞留だったんです。
そんなわけで、手術はしておいてよかったと思っています。

花ちゃんも、痛いのを必死に我慢したんですね。偉いです。
柴楽もとても痛そうですが、また元気になってくれるのを待ちたいと思います。

ぜひまた遊びにいらしてくださいね。
今後ともよろしくお願いいたします!!

たまのめぐみ

よかったよー

無事に手術が終って
良かった~~~。

『鎮痛剤』をもらえなかったのも、痛かっただろうけど、これからの柴楽の長い人生のためには良かったんだ。

って思って。
良かったね~。
柴楽も、父さんも母さんも、お疲れ様。
良かった!
良かった!

去勢手術は術後の痛みはほとんどないようですが 開腹手術は痛いんでしょうね(∋_∈) 柴楽ちゃん、頑張りましたね。 動物の治癒力はすごいです。たぶん すぐに元気になるでしょう!それに やさしいパパママがいるから 安心ですね。 変化が現れるのは 半年くらいしてかららしいですが どのワンチャンとも仲良く出来て 楽しい犬生が送れますよ~(^O^) ちなみに マウンティンクはしませんが マーキングはうちの子は去勢後もしてます。でもマウンティンクしないとホント助かります(^。^;) あれを外やお客様にやられると恥ずかしいです…

初めまして

ずっと読み逃げていました。
豆柴花の母、mamehanaです。
初めまして。

滞留だったんですね。
無事に手術終了良かったです。
うちも、手術の当日~翌日くらいまでは、少しぐったりして、時折声を出したりもしていました。
でも、化膿止めのような薬は出たけれど、鎮痛剤は処方されなかったと思います。
見てるほうがつらいでしょうけど、じっと耐えて頑張ってくれると思います。

愛情いっぱいの手作りエリカラ、きっとストレス少なくいられてると思いますよ。
こういうことができるって、素敵です!!

これからの健康のための決断ですもの。
柴楽ちゃん、父ちゃん、母ちゃんと一緒に頑張ってね。
プロフィール

たまのめぐみ

Author:たまのめぐみ
神奈川県在住。
主人と豆柴と
モルモット2匹と
楽しく暮らしております。
詳しくはこちら

このブログはリンクフリーです!

柴楽ロゴ


おはきなロゴ

最新記事
ペット人間化メーカー
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログ村・いろいろ検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。